ENGLISH | JAPANESE
活動弁士

坂本 頼光(さかもと らいこう)



1979年6月23日 東京生
身長/176cm
特技/イラスト、動画製作


仮想CM
椿姫
月形半平太

※音声データの複製、二次使用はご遠慮下さい。ご利用をご希望の場合は katsuben@matsudafilm.comまでご一報下さい。

ブログ『活弁士の家』http://blogs.yahoo.co.jp/gfdsj940

【略歴】
少年時代は漫画家志望で、水木しげる作品に傾倒。ひたすら妖怪の絵ばかり描く日々を送るも、中学二年頃より映画熱にとりつかれ、やがて活動写真弁士(無声映画の説明者)を志すようになる。1997年に『鞍馬天狗』で初舞台。2000年12月、正式デビュー。以降、時代劇作品を主に活弁ライブを行う。これまでの説明作品は『番場の忠太郎・瞼の母』『鞍馬天狗』『実録忠臣蔵』『カリガリ博士』『バグダッドの盗賊』『キッド』『伊豆の踊子』『国定忠治』他、約60本。08年には、japan国際コンテンツフェスティバル特別企画『雄呂血』上映会で弁士を務め、清水靖晃オーケストラと共演。10年にはアメリカのエール、スワスモア、コルビー他五大学の無声映画公演に参加。12年にはフランスの映画保存機関シネマテーク・フランセーズ、パリ日本文化会館の上映会にも招聘される。また数年前から何故か突然、絵心が復活。自作動画やイラストを使った活弁でお笑いライブ、寄席にも出演する傍ら、アニメの声優、CMナレーション等、活動の幅を広げている。



『企画パックプラン』《活弁士・坂本頼光の無声映画上映会》
http://www.matsudafilm.com/matsuda/e_pages/e_e_4j.html

 

「アーティスト」TOP へ



HOME...


[Matsuda company logo]